高齢者に合わせて

高齢化社会を迎えると同時に、日本の住宅事情は大きな転換期を迎えており、高齢者に配慮した住宅環境が求められています。現在リフォーム業者が積極的に取り組んでいるのは、自宅の滞在時間が増えた団塊の世代向けのリフォーム工事であり、需要は増加傾向にあります。 高齢者向けのリフォーム施工というと、バリアフリーやスライドレール、床下暖房や高気密断熱等、健康に気遣った施工が多いため、今後も快適に暮らせる施工サービスが期待されています。それは日常生活の些細な事でもある、滑りにくく足腰の負担にならないフローリングや、体温調節しやすい住宅環境の開発です。体温調節は必要不可欠であるにも関わらず、高齢者は調節が苦手なため、住宅全体がサポートできる仕組みが注目されています。

住宅の床を全面フラットにする事でバリアフリー住宅が実現できますが、バリアフリー住宅には注意点があります。その点をよく知った上で利用する事で、毎日を快適に過ごせるため、いつまでも健康に暮らすには必要です。 バリアフリーリフォームの注意点とは、床全面がフラットになる事で足腰が弱る点にあるため、常日頃から足腰の運動に取り組む必要があります。段差が解消され床がフラットになる事で、室内で足を上げる機会が大幅に減少してしまうため、足腰の運動機能が低下します。これにより知らずのうちに室内で運動して養っていた筋力が低下するため、以前より躓きやすくなったり転倒が多くなるため、意識して足腰を強化する必要があります。