高齢者が増えている

高齢者が多くなり公共施設でも、バリアフリーに対応した施設が増えている現在です。そのため住宅においてもリフォームで、バリアフリーに対応した工事をする人が多くいるのです。バリアフリーのリフォームをするうえで大切なのが、介護が必要になる前のタイミングでリフォームを終えておくという事です。早めにバリアフリーのリフォームをしておく事によって、安全に暮らすことが可能です。介護が必要になってからの工事では、介護をしながら工事をする環境になり大変です。 また高齢者は一度の事故で健康を害することも多く、被害がでるまえに住宅の危険な部分をとりのぞいた対策をしておく事はとても重要なのです。特に高齢者になるとバリアフリーの設備を馴染ませるという点においても、早めにやっておいて損はないのです。

バリアフリーのリフォームのポイントとして重要になってくる部分としては、玄関とかまちの段差解消です。マンションの場合は段差が10センチくらいのところが多く、一戸建て住宅の段差もマンションと同じく10センチくらいにおさえる事が大切です。さらに玄関には手すりを取り付けたり、ベンチを置いて座って靴を履けるようにすると良いのです。 玄関に限らず、手すりは風呂とトイレにはつけるようにする事が肝心です。また廊下なども取り付けた方が良く、トイレは手すりをもったまま移動できる位置にあるのが理想です。キッチンのリフォームで重要なのは、火災の危険がないように配置を考えると良いです。特にコンロのまわりには、火の燃え移る可能性のある家具や設備をおくのは避ける事が重要です。